塾講師という仕事

塾という物は、何か物を売って利益を得ているのではなく、生徒へ勉強を教える事で報酬をもらう事で成り立っています。
その為、一番大事な事は生徒数の確保という事になります。
生徒数を確保し、授業単価を上げる事ができれば塾としての売り上げは上がって行きます。
生徒数を増やす為には、このバランスをうまくとる事が重要になります。
質の良い授業でしたら、お金を支払っても損したとは思わないでしょうし、生徒数も増えて行きます。

質の良い授業というのは、本当の所、受けている生徒さんにしかわかりません。
相対的にアピールする為には、塾に通っている生徒の成績を上げる事と、偏差値の高い高校や大学受験に合格する事が重要になります。
○○大学に何名合格など発表すれば、その学校の倍率が高ければ高い程、難しい大学に合格できる素晴らしい塾としての評価が上がります。

教わる側から見て、最初に入塾するか決めるのは、このような過去の実績を参考にする事が一般的です。
もし塾講師になる場合には、生徒に人気のある塾に就職するかしないかで、その後のお給料が全然違ってしまいますので、事前確認が必要になります。
求人情報だけではわからない内容もありますので、塾のホームページなどをしっかり確認して判断する事が重要になります。

このサイトでは、塾講師になろうとしている方が知らないであろう、福利厚生や、塾の給料形態についてご説明します。
これからの就職活動に是非役立ててください。

Copyright © 2014 塾講師の福利厚生はどうなっているの? All Rights Reserved.